JavaScriptを有効にしてください。 Homeへ 特定失踪者問題調査会について 特定失踪者問題調査会公開リスト 各種資料 リンク 短波放送「しおかぜ」について
English


■公開リスト詳細■

昭和49(1974)年
64

警察庁が拉致と断定
氏名 高  剛 失踪年月日 昭和49(1974)年6月
ふりがな こう つよし 生年月日 昭和45(1970)年6月29日
性別 当時の年齢 3
身長 体重
公開 第4次公開
当時の身分 幼児
特徴
失踪場所 東京都目黒区のマンション
失踪状況 姉である敬美さんとともに失踪。2人は在日朝鮮人工作員高大基と日本人渡辺秀子さんの子供。秀子さんは北海道で高と出会い工作員であることを知らずに結婚した。埼玉県に居住していた昭和48(1973)年6月頃、高が突然失踪したため、その行方を追って高の勤務先であった東京都品川区にある「ユニバース・トレーディング社」を訪れた。同社は北朝鮮工作機関の偽装会社であり、それが発覚するのを恐れて親子3人を監禁。姉弟は翌49(1974)年6月に小浜市の岡津海岸から北朝鮮に送られた。秀子さんについては殺害説もあるが真相は分かっていない。平成19年4月12日、警察は敬美さん・剛さん姉弟を拉致と断定したが、現在の支援法は日本国籍保持者のみが対象になっており、朝鮮籍の敬美さんは拉致認定されていない。



サイトマップ

  ・特定失踪者問題調査会のWebページ上に記載する全情報の無断記載、二次加工を禁止しています。
  ・リンクご希望の方はメールにてご連絡下さい。

CopyRight 特定失踪者問題調査会 2004-2006